現在地:JATAホーム > JATAについて > 社会貢献活動 > 環境基金 > 平成19年度の活動 > 〜サステイナブル・ツーリズムの実現に向けて 環境市民5団体に助成〜JATA環境基金 平成19年度助成事業決定

〜サステイナブル・ツーリズムの実現に向けて 環境市民5団体に助成〜JATA環境基金 平成19年度助成事業決定

2007年4月9日

平成19 年度は一般公募のなかから、下記の5団体に助成することを決定しました。
JATAでは今後も、この助成事業を中心に、環境に配慮した持続的な観光の発展を目指すサステイナブル・ツーリズムの実現に向けて、観光地における「自然や文化遺産を保護する事業」や「環境に配慮した観光の発展に寄与する事業」を応援していきます。

1. 団体名 (特) 行って楽しい迎えて嬉しい石見銀山NPO
活動場所 島根県大田市
事業テーマ 世界遺産保護の竹やぶ伐採で癒し空間を!!
事業内容 石見銀山周辺で、宿泊客やNPOが協力して、環境保全のための竹伐採活動と竹を活用したモノ作り(竹炭や竹アロマオイルなど)に取り組む。竹やぶで悩んでいる地域へ「有効活用モデル」としてもしたい。
助成金額 500,000円
2. 団体名 石見銀山協働会議
活動場所 島根県大田市
事業テーマ 石見銀山維持・保全活動(クリーン銀山)
事業内容 「石銀地区」や「本谷地区」などは銀の採掘、精錬に係る遺跡が密集している地区だが、竹が繁茂している状況にあり遺構保存や景観保全の面で問題となっている。竹の間伐後、「チョッパーシュレッダ」で竹の処理も行い、遺構の保護と遊歩道確保を図る。
助成金額 627,900円
3. 団体名 (特) 樽見鉄道を守る会
活動場所 岐阜県本巣市
事業テーマ 根尾谷断層の保全と、樽見鉄道を生かした通年型のエコツーリズム推進事業
事業内容 国指定特別天然記念物に指定された淡墨桜(うすずみざくら)と根尾谷断層付近に、樽見鉄道の駅が設置されていることを生かし、徒歩で観光することによる環境に配慮したエコツーリズムを啓発し、定着させる。
助成金額 515,000円
4. 団体名 田毎の月棚田保存同好会
活動場所 長野県千曲市
事業テーマ 名勝「おばすて(田毎の月)」棚田の保全活動
事業内容 全国的にも最大規模である棚田2000枚、歴史もあり、「日本三大車窓」のひとつにも選ばれている眺望が優れている地域での棚田保全活動。耕作する人がいなくなった棚田を借りて水田として保全している。
助成金額 455,000円
5. 団体名 男木水仙郷をつくる会
活動場所 香川県高松市
事業テーマ 男木島に日本有数の水仙郷をつくる事業
事業内容 元々島に自生していた日本水仙の球根を畑で育て、移植し、島の環境を守りながら新たな観光資源を創出する事業。男木島には映画「喜びも悲しみも幾年月」のロケ地としても有名な灯台もあり、水仙の復活による観光振興により、持続可能な島を目指している。
助成金額 500,000円

この件に関するお問い合わせ先

JATA業務部業務第2グループ
  • TEL 03-3592-1274

このページの先頭へ戻る