現在地:JATAホーム > JATAについて > 社会貢献活動 > 環境基金 > JATAの森プロジェクト > 「JATAの森」下草刈り 実施報告

「JATAの森」下草刈り 実施報告

平成23年7月25日

JATA社会貢献委員会では、7月16日(土)、埼玉県長瀞町宝登山で「JATAの森」下草刈りを実施しました。当日は、JATA会員会社の社員・家族、地元関係者等、総勢約50名が参加し、1ヘクタールに及ぶ「JATAの森」に繁った下草を全員で約1時間かけて刈りました。天候は快晴で、暑さと闘いながら実施。猛暑のなか作業を終えて、温泉で汗を流し、充実した宝登山での一日を過ごしました。

一昨年植えた苗木も順調に育っており、来年の下草刈りを楽しみにさせる1日となりました。

1.実施日時

平成23年7月16日(土)09:30〜15:30

2.場所

埼玉県 長瀞町 宝登山

3.参加者数

42名 (JATA、社会貢献委員9名、会員会社社員及びその家族33名)

4.プログラム

下草刈り 10:15〜12:10

  • 挨拶
    社会貢献委員会 副委員長 黒川 惠
    長瀞町副町長 平 健司 様
  • 作業方法説明
    (社)埼玉県農林公社 足立 孝明 氏
  • 下草刈り

昼食・温泉 13:00〜15:30

「当日の模様」

  • 091207_01
    黒川 社会貢献委員会副委員長

  • 平 長瀞町副町長

黒川副委員長の挨拶のあと、平長瀞町副町長から挨拶をいただいた。


埼玉県農林公社 足立氏からの作業説明真

庭の手入れで使うような鎌ではなく、自分の背丈よりも長い鎌を使って草刈りをするので取扱には十分注意が必要。場所によって通常の「手鎌」を利用して行う。

下草刈りの模様

7月中旬で梅雨明けしたこともあり、下草の高さも人の背丈ほどに成長しており、猛暑の中での作業はかなりの重労働。


集合写真

作業後は皆さん笑顔で記念撮影。

このページの先頭へ戻る