現在地:JATAホーム > JATAについて > 社会貢献活動 > 令和2年7月豪雨被災地へのボランティア活動(大分県、熊本県)報告

令和2年7月豪雨被災地へのボランティア活動(大分県、熊本県)報告

2020年8月27日

被災地へのボランティア活動は、新型コロナウイルス予防の理由で、他県からのお手伝いができないという、これまでにない事態 となりました。 どこも人手が不足し困っておられるという話のもと、地元の地区委員会の皆様には大きなご負担をかけることになりました。九州を代表して活動頂き、厚く御礼申し上げますとともに、いちはやい取り組みに敬意を表します。
しかも、今回は天ケ瀬温泉、人吉温泉と我々の大切なパートナーの皆様のもとでお手伝いをいただきました。水道の設備が整っておらず、また 泥水が腐食し異臭が残っているなどご苦労された報告を受けています。

九州事務局(大分県地区委員会/熊本県地区委員会)

大分県地区委員会(緒方委員長)

日      程 7月18日(土)  7時50分集合⇒被災地⇒17時帰着
実施地区 日田市天ケ瀬地区
参加人数 25名
参 加 者 JTB(11名)、東武TOPツアーズ(4名)、農協観光(4名)、KNT(3名)、日本旅行(1名)、
大分航空トラベル(1名)、ツーリズム大分(1名)

熊本県地区委員会(松田委員長)

日      程 7月28日(火)  7時集合⇒被災地⇒18時帰着
実施地区 人吉市人吉温泉地区
参加人数 47名
参 加 者 熊本電鉄(2名)、西鉄旅行(5名)、熊本旅行(3名)、名鉄観光(2名)、東武(6名)、KNT(6名)、
鶴屋トラベル(1名)、ANAセールス(1名)、九州産交(5名)、イーエスツアー(2名)、
日本旅行(5名)、農協観光(3名)、熊本バス(1名)、JTB(6名)

このページの先頭へ戻る