現在地:JATAホーム > JATAについて > 社会貢献活動 > 支援活動 > トンガ王国における火山噴火および津波災害への義援金贈呈について

トンガ王国における火山噴火および津波災害への義援金贈呈について

2022年5月18日

一般社団法人日本旅行業協会(JATA)は、現地時間2022年1月15日に発生した大規模な海底火山噴火により被災されたトンガ王国の皆さまの復興に向け、会員会社18社ならびに観光関係団体1社より寄付いただきました総額800,000円の支援金を、駐日トンガ王国大使へお渡ししました。


トンガ王国大使 テヴィタ・スカ・マンギシ閣下(画面左)と原JATA副会長

テヴィタ・スカ・マンギシ閣下からは、「この度の旅行業界の皆様のご厚情につき、トンガ王国政府を代表して心より御礼申し上げます。復興までには約3年かかると見込んでおり、また2025年の大阪万博への出展も決めています。2025年を観光の本格的スタートの年にしたい。引き続き、JATAへは観光を通し両国の友好関係の継続支援をお願いしたい」

トンガ王国、ならびに国民の皆様の生活の一日も早い復興を願うとともに、義援金にご協力いただきました皆さまへ心から御礼申し上げます。

この件に関する担当部署

JATA総務・広報部   TEL : 03-3592-1271

このページの先頭へ戻る