現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 記者会見2016

記者会見

JATAでは会長会見、記者レク、記者懇談会、また、主に業界紙を対象とした定例記者会見を実施しています。

  • ※ 発表事項により配布資料を添付しています。

2016年

2016年12月22日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年12月15日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年11月10日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年10月20日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年9月15日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年8月4日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年6月16日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年5月26日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年4月21日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年3月31日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年3月17日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年3月3日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年2月4日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年1月21日(木)定例記者会見 JATA本部

発表事項

2016年1月7日(木)会長新春会見 JATA本部

出席者
田川会長、中村理事長、越智事務局長
参加記者
一般紙、通信社、地方紙、雑誌、業界紙の記者 計 26媒体 35名
内容
  • 1. 会長の発表
    • ① 2015年のマーケット動向
      インバウンドとアウトバウンドの人数が逆転する1970年以来の歴史的な転換期となった。
    • ② 2016年をむかえて
      リオデジャネイロで開催されるオリンピックの閉会式に、次の開催地としてTOKYO、JAPANがコールされ、世界の注目が日本になり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、インフラ整備とともに、日本ブランドの確立が必要。
    • ③ 2016年JATAとしての重点事業とJATAの役割
      昨年、ツーウェイツーリズムによる交流立国の実現をめざし、海外・国内・訪日旅行の政策提言書を観光庁に提出した。 今年はこの「JATA政策提言」の施策を実行していく年。
      交流大国実現のために、2016年は海外旅行復活の年
      訪日旅行2000万人のステージに向けた施策を推進
      国内旅行市場の活性化
      安心・安全の旅の提供。コンプライアンスの取り組み
      旅行業界の経営課題への取り組み
    • ④ 国際ツーリズムでの日本のリーダーシップの強化
      「ツーリズムEXPOジャパン」を官民一体となり、日本ブランドを発信するイベントへ
  • 2. 質疑応答

記者会見

このページの先頭へ戻る