現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > その他 > JATAマネジメントセミナー

JATAマネジメントセミナー

共 催
JATA 旅行業女性の会
日 時
2013年7月3日(火)
場 所
JATA研修室
講 師
JATA会長 菊間 潤吾
題 名
女性力と価値創造産業へのチャレンジ
参加者
80名(女性だけでなく男性も3割に当たる20名ほど参加)

女性が働きやすい環境を「提言」できる場へ

 2013年度は、10年に一度といわれる旅行業法改正の検討年でもあります。現在の旅行業法は、家の外壁に例えるならシミや汚れが目立ってきた状態。これをどう対処するか、ただの塗り替えではなく、新しい家を建て直すような気概で取り組みたい、と考えています。改正案については、JATAの組織内に特別検討委員会を立ち上げて、観光庁へと提言をしていきます。環境認識をしっかり行って、JATA加盟各社を守り、収益性向上も念頭に置きつつ、積極的に申し入れをしていく構えです。

 とはいえ現実には、消費者庁との兼ね合いがあるため、業法や約款の改正は多難です。これまでは監督省庁とJATAとの間で、こうした議論が重ねられてきましたが、消費者庁が創設されて以降、容易な改正が難しくなっています。

 かつて、募集型企画旅行(パッケージツアー)のキャンセルチャージについて提言をしましたが、観光庁には理解を示してもらえたものの、消費者庁が首を縦に振りません。そもそも現行の取消料規定自体が妥当であるのか、ルールそのものにも消費者庁が言及しており、これが日本特有のものであると実感させられます。

 OTAの動きが、今、世界中で話題になっています。そうした時代的な背景から、海外を見渡すと、業法や約款に捉われずに伸びている国もあります。例えばオーストラリアでは、旅行業法廃止の動きがありました。ヨーロッパでは、手配旅行についてのしばりを失くして、パッケージツアーだけを法規制しようとする議論にあります。

 グローバルスタンダードが叫ばれるなか、これから先の10年を見据えて、日本の旅行業法がどうあるべきか、消費者にとって安心・安全な旅をつくることを真剣に考えなくてはいけないときにきています。旅程保証なども含めて、どのように改善していくか、今後も検討を重ねるつもりです。

価値創造産業への転換と求められる女性の感性

 われわれは旅行代理店という表現をあらため、旅行会社であることを前面に押し出してきました。しかし一部では、代理店的な発想が未だ根強いように感じます。

 今後は「価値創造産業」としての考え方を醸成させる必要があると、強く認識しています。環境の変化が著しい時代にあって、必要とされるのは女性の感性です。マネージメントの層に女性がもっと進出して、中核を担わないとなりません。先進国をみると、いかに女性管理職の比率が高いことか、トップの多くは女性です。

 そもそも、一つの業が成り立つまでの過程では男性主導も珍しくありませんが、成熟期を迎え、これからは女性が表舞台に立つことが自然だと考えます。

 また、業態によって多少の差はあるでしょうが、われわれはサービス業からホスピタリティ産業へと進化、変化をしていかなければならないときです。代理店的発想から脱却していく必要があります。具体的には、商品づくりの現場でもいえます。例えば、新路線の開設があったから、政府観光局の重点プロモーションだから、という受け皿的、便乗的な発想の仕方ではなく、自らがマーケットを創出するように方向転換をしなくてはなりません。存在感を示していく必要があるのです。

 旅のプロとしての知識の習得、スキルアップも重要です。インターネットで情報が無限に収集できる時代にあって、旅行会社社員の知識不足が、ひいては旅行会社離れを加速させているといっても過言ではなく、JATAとしては会員社員の知識向上に役立つ場の提供、準備も始めています。白地図を広げて一つひとつを塗りつぶす、そのお手伝いを、これまで旅行会社が行ってきましたが、今後は新しいディスティネーションを開拓するだけでなく、深堀りしていくことを考えなくてはなりません。

 旅行業界のキーワードは付加価値であり差別化と、よく言われますが、究極の付加価値は心理的な面にあり、“てんこ盛り”のツアー造成とは違います。無駄を削ぎ落とし、よいものだけを磨いていく、感性を大切にした仕事が求められているのです。

JATA菊間会長 講演採録

このページの先頭へ戻る