現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2010年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月15日(木)、モンゴル旅行協会エルデネバト副会長がJATA柴田理事長を訪問

2010年7月26日


右から柴田理事長、MTAエルデネバト副会長、
重田海外旅行業務部副部長

7月15日(木)、MTAエルデネバト副会長が柴田理事長に対し、モンゴルを訪問する日本人の査証免除について双方の協力の成果であるとして、感謝の意を表しました。(モンゴルへの日本人観光客は5月15%、6月20%増とのこと)
また、モンゴルMIAT航空が5月〜9月のハイシーズンに日本・モンゴル間に380席の航空機材を就航させ、航空運賃の値下げも実現していると説明しました。
今後の振興策については、昨年を上回るFAMツアーを実施することが望ましいとの見方で一致し、JATA世界旅行博のセミナーなどを通じてその実現を図っていくこととなりました。

このページの先頭へ戻る