現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2010年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月27日(火)、スリランカ バジル・ラジャパクサ経済開発大臣と
GLピーリス外務大臣がJATA金井会長らを訪問

2010年8月2日

7月27日、(火)、スリランカ経済開発大臣バジル・ラジャパクサとGLピーリス外務大臣がJATAを訪問。スリランカは内戦が終結に安全になっていることやビーチリゾートを含み、スリランカの豊富な観光資源について説明し、また、エコツーリズム、LOHAS観光の振興を図っているとしました。

「エコツーリズムやLLOHAS観光の開発を期待しております。かつて多くの日本人が訪れた実績を考えると、まずは、スリランカが安全になったことを積極的にお伝えいただき、明るいイメージ作りに取り組んでいただきたい。旅行会社やメディアを対象に、FAMツアーを実施いただければイメージ改善にも繋がることができる」と金井会長は応じました。


左:バジル・ラジャパクサ経済開発大臣(右)とGLピーリス外務大臣(左)
右:柴田理事長(右)、金井会長(左)、長谷川事務局長

このページの先頭へ戻る