現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月8日(火)、オーストラリア政府観光局日本・アジア統括本部長のリチャード・ビアード氏がJATA本部を訪問

2011年3月21日

3月8日(火)、オーストラリア政府観光局日本・アジア統括本部長のリチャード・ビアード氏がJATA柴田理事長らに辞任挨拶し、JATAの協力に対して感謝の意を表しました。後任のフランセス・アン・キーラー氏は「これからも日本市場において様々な促進活動を図り、教育旅行誘致に取り組みます。訪問客数よりも経済効果を上げることに力点を置きます。」また、「SIT・FIT市場において旅行会社が重要な役割を果たすことから、当局はJATAデスティネーション・スペシャリスト・プログラムを通じて、オーストラリア・スペシャリストの育成に力を入れます」と話しました。

柴田理事長らは、JATAの活動への協力について感謝の意を表し、「これからも双方で協力していきたい」と応じました。

Mr. Richard Beere, Executive General Manager International (Eastern), Tourism Australia and Ms. Frances-Anne Keeler, General Manager International (West) visited JATA on March 8, Tuesday. “We appreciate JATA’s commitment. Tourism Australia will continue to promote Australia in Japan while placing emphasis on doubling the economic value of travel rather than the number of visitors. We are planning to concentrate also on educational travel. Retail role is more and more important to capture FIT/SIT business and we put additional effort to educate retailers through ASP/JATA Destination Specialist Program” said Mr. Beere.

Mr. Shibata expressed gratitude for the support of Tourism Australia and indicated that JATA will continue to cooperate with Tourism Australia.


右:リチャード・ビアード氏(左)とフランセス・アン・キーラー氏
左:左から澤邊VWC2000万人推進室長、柴田理事長、長谷川事務局長、築沢VWC2000万人推進室担当部長

このページの先頭へ戻る