現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月9日(水)、コロンビア共和国特命全権大使パトリシア・エウヘニア・カルデナス・サンタマリア閣下とコロンビア アビアンカ航空社長ゲルマン・エフロモビチ氏がJATAを訪問

2011年3月21日

3月9日(水)、駐日コロンビア大使パトリシア・エウヘニア・カルデナス・サンタマリア閣下とコロンビア アビアンカ航空社長ゲルマン・エフロモビチ氏がJATA柴田理事長らを訪問し、「コロンビアは多様なツアー商品が企画できる。また、2012年以降アビアンカ航空がスターアライアンスに加盟し、全日本航空とのコードシェアのほか、日本・コロンビア間の直行便の就航を目指しています」とアピールしました。

柴田理事長は「日本でのラテンアメリカに関する関心が高まっており、旅博への参加に感謝する。日本・コロンビア間の直行便の就航が観光拡大に繋がるでしょう」と応じました。

The Ambassador of Columbia to Japan Her Excellency Ms. Patricia Eugenia Cardenas Santamaria and Mr. German Efromovich, President of Avianca Air visited JATA on March 9, Wednesday. During their visit, Her Excellency and Mr. Efromovich emphasized the existence of diverse tourism resources in Colombia and revealed that the government of Colombia is committed to developing inbound tourism from Japan and is currently working towards establishing a code-share agreement with ANA and starting direct flight services to Japan.

“The Japanese interest in Latin America is now increasing. The efforts towards the inauguration of direct flight services between Colombia and Japan will contribute to the increase in the number of tourists to both Columbia and Latin America” said Mr. Shibata in response.


右:パトリシア・エウヘニア・カルデナス・サンタマリア氏(右)とゲルマン・エフロモビチ氏(左)
左:柴田理事長(左)、田端海外旅行業務部長(右)

このページの先頭へ戻る