現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月10日(木)、駐日エジプト大使ワリード・マハムード・アブデルナーセル閣下、エジプト政府観光局イブラヒム・カリール局長がJATA柴田理事長を訪問

2011年3月21日

3月10日(木)、駐日エジプト大使ワリード・マハムード・アブデルナーセル閣下、エジプト政府観光局イブラヒム・カリール局長がJATA柴田理事長を訪問し、エジプトの状況について、現地の最新情報を伝え、JATAからの調査団派遣を要請しました。「組閣した新政府は治安の回復を最優先にしており、治安維持が通常の状況に復帰しつつある。外務省は危険情報をレベル2に引き下げているが、レベル1に引き下げていただくように働きかけている。また、4月にJATA調査団の派遣をお願いしたい」と話しました。

JATA柴田理事長は、「日本人旅行者の避難への協力に感謝する。危険情報レベルの引き下げ等の協力などにも感謝したい。エジプト航空の運行再開も重要なポイントの一つ。ミッションの実施について真剣に協力していきたい」と述べました。

TThe Ambassador of Egypt to Japan His Excellency Dr. Walid Mahmoud Abdelnasser and Mr. Ibrahim Khalil, Tourism Counsellor for Japan, South Korea, Australia & New Zealand at the Egyptology & Tourist Promotion Office, visited JATA on March 10, Thursday.

During the visit, His Excellency Dr. Walid Mahmoud Abdelnasser conveyed the latest news about the situation in Egypt and asked for the assistance of JATA in organizing an inspection tour to Egypt in April. “The newly appointed government has made the restoration of civic order and security its priority and the situation is improving gradually. The travel advisory issued by the Ministry of Foreign Affairs has been brought down to level 2 and we are working towards bringing it further down to level 1” said His Excellency.
“First of all, we would like to extend our great thanks for the cooperation of the Egyptian government in the emergency evacuation of Japanese tourists. Lifting the travel warnings and the resumption of Egyptair’s flight services from Japan are indeed very important factors to restoring travel to Egypt. We will make efforts to send the inspection tour to Egypt” said Mr. Shibata.


右:ワリード・マハムード・アブデルナーセル氏(右)とイブラヒム・カリール氏(左)
左:柴田理事長(左)、長谷川事務局長(右)

このページの先頭へ戻る