現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月12日(火)、モンゴル旅行業協会(MTA)副会長ナムスライジャブ・エルデネバット氏とMIATモンゴル航空日本支社長ビャンバジャブ・マルガド氏がJATA本部を訪問

2011年4月25日

4月12日(火)、モンゴル旅行業協会(MTA)副会長エルデネバット氏とMIATモンゴル航空日本支社長がJATA柴田理事長らを訪問し、「東日本大震災が発生した後、日本-モンゴル間の旅行者数が大きく減少していますが、MIATモンゴル航空は夏期に予定通りに便数を増加したいと考えています。また、6月に日本の旅行会社やメディアを対象に、モンゴルFAMツアーを実施する予定ですのでご協力をお願いします」と述べました。

「残念ながら、現在、日本は大きな問題に直面しています。東日本大震災後のご支援やサポートに感謝しています。旅行には国際定期便の就航が大変重要ですので可能な限り夏ダイヤを予定通りに行うようお願いします」とJATA柴田理事長は応じました。

On April 12 (Tue), Mr. Namsraijav Erdenebat, Vice-President of the Mongolian Travel Association and Mr. Byambajav Margad, General Manager of the Tokyo Branch Office of Mongolian airlines visited JATA

During their visit, Mr. Erdenebat and Mr. Margad said that although the number of travelers between Japan and Mongolia has decreased after the Great East Japan Earthquake, MIAT Mongolia Airlines would like to increase the number of flights during the summer season as previously planned. Mr. Erdenebat also said that they are planning a FAM tour for representatives of Japanese travel agencies and media in June and asked for the assistance of JATA.

“Japan is facing a crisis caused by the earthquake, tsunami and the damaged nuclear power plant in Fukushima. We are deeply grateful for the support and assistance we have received from Mongolia after the disaster. As the operation of increased regular flights is very important for the travel industry, we hope that MIAT Mongolian Airlines will fly as planned this summer” said JATA’s President Mr. Shibata.


上右:ナムスライジャブ・エルデネバットモンゴル観光協会(MTA)副会長(中央)とビャンバジャブ・マルガドMIATモンゴル航空日本支社長(左)
下左:柴田理事長(左)、重田海外旅行業務部長、長谷川事務局長(右)

このページの先頭へ戻る