現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月26日(木)、駐日スリランカ大使ワサンタ・カランナーゴダ閣下と駐日モルディブ共和国大使アハメド・カリール閣下がJATA本部を訪問

2011年6月13日

5月26日(木)、駐日スリランカ ワサンタ・カランナーゴダ大使と駐日モルディブ共和国アハメド・カリール大使がスリランカ・モルディブワーキング部会の発足に合わせ、JATA本部を訪問し、JATAの協力に感謝の意を表し、及び日本からの観光客の増加に向けた取り組みへの決意を表明しました。

柴田理事長は、「東北大震災後の支援に感謝します。スリランカとモルディブへの観光拡大を期待しますので、ワーキング部会の活動を中心にさらなる協力をしていきたい」と要望しました。

H.E. Mr. Wasantha Karannagoda, Ambassador of Sri Lanka to Japan and H.E. Mr. Ahmed Khaleel, Ambassador of the Republic of the Maldives to Japan visited the Headquarters of JATA on May 26th, Thursday.

The visit took place on the occasion of the first working session of the Committee for Promotion of Travel to Sri Lanka & the Maldives, which was set up after an inspection tour to Sri Lanka hosted by the Sri Lankan Tourism Development Authority in January this year.
During their visit, the ambassadors expressed appreciation for the activities of JATA and stated their determination to work towards increasing the tourist flows from Japan to their respective countries.

Mr. Shibata, President of JATA, extended his gratitude for the support JATA and Japan received after the Great East Japan Earthquake and Tsunami and, for the benefit of all concerned parties, asked for further assistance with the activities of the Committee for Promotion of Sri Lanka & the Maldives.


上:左から柴田理事長、長谷川事務局長、重田海外業務部長
下:左から2人目に駐日スリランカ ワサンタ・カランナーゴダ大使、3人目が駐日モルディブ共和国アハメド・カリール大使

このページの先頭へ戻る