現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月26日(木)、タイ国政府観光庁スラポン総裁、タイ国政府観光庁サンスーン副総裁(アジア・オセアニア地域マーケティング担当)、タイメディア代表がJATA金井会長を訪問

2011年6月13日

5月26日(木)、タイ国政府観光庁スラポン総裁、タイ国政府観光庁サンスーン副総裁、タイメディアの代表が金井会長を訪問し、東北大震災に対して哀悼の意を表し、震災後のタイ政府観光庁の取り組みについて説明しました。その内容は、募金活動のほか、日本の旅行会社に震災を原因とするキャンセル料を求めないように呼びかけ日本から輸入されている食品の安全を宣伝するための”We care, we share”キャンペーンの実施、6月8日〜10日に開催するThailand Travel Mart 2011での日本旅行業界に対する無料でブースの提供などでした。

金井会長は、タイ国政府観光庁の協力やサポートに感謝の意を表し、タイメデイアの代表に「東京が安全であることを伝えていただきたい」とアピールしました。

Mr. Suraphon Svetasreni President of the Tourism Authority of Thailand, Mr. Sansern Ngaorungsi, Vice President of the Tourism Authority of Thailand, as well as representatives of influential Thai media met Mr. Kanai, Chairman of JATA on May 26th, Thursday.

The guests expressed their deep sympathy for the victims and sufferers from the Great Tohoku Earthquake and Tsunami and explained the measures TAT took immediately after the disaster in order to ease the burden on their Japanese partners. The measures included an appeal to abandon penalty charge for any cancellations made by Japanese companies due to the disaster and fund-raising activities for the recovery of Japan.

The Chairman of JATA, Mr. Kanai expressed gratitude and said that in this difficult for Japan and the Japanese travel industry time, the relationship between JATA and TAT is held in very high esteem. Mr. Kanai also made an appeal to the Thai journalists present at the meeting to communicate the fact that Tokyo is safe and does not pose a health hazard to its visitors.


上:右から長谷川事務局長、金井会長、澤邊VWC2000万人推進室長
下:右からタイ国政府観光庁スラポン総裁、タイ国政府観光庁サンスーン副総裁


金井会長(中央右)に記念品を贈呈されるスラポン総裁(中央左)

このページの先頭へ戻る