現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月1日(水)、シンガポール政府観光局本局ヨウ・ジェラルディン、セグメント・マーケティング部長らがJATA本部を訪問

2011年6月13日

6月1日(水)、シンガポール政府観光局本局ヨウ・ジェラルディン、セグメント・マーケティング部長、シンガポール政府観光局スー・キュウキョン北アジア局長、シンガポール旅行業協会タン・ウイリアム会長、シンガポール・ホテル協会ヘン・マーガレット専務理事が義援金贈呈式と日・シ双方の民間観光協力のためのMOU調印式のため来日した機会にJATA に柴田理事長らを訪問しました。ヨウ部長らは、東北大震災で被災した方々に対して哀悼の意を評するとともに、MOU調印により更に協力を強化したいと述べました。

柴田理事長は「ご支援、深い配慮に感謝します。東日本大震災後、旅行者数は著しく減少したが、回復しつつあります。旅博への出展などを通じて今後シンガポールと日本の観光交流の更なる拡大を期待します」と述べられました。

Ms. Geraldine Yeo, Segment Marketing Director at Singapore Tourism Board, Mr. Siew Keong Soo , Regional Director, North Asia, Singapore Tourism Board, Mr. William Tan, President of the National Association of Travel Agents Singapore, Ms Margaret Heng, Executive Director of Singapore Hotel Association visited the Main Office of JATA on May 1st, Wednesday.

The delegation visited Japan to make a donation and sign a Memorandum of Understanding on Tourism Cooperation Framework to Support the Recovery of Japan Tourism.

During the visit to JATA before the official ceremony the representatives of the Singapore Tourism Board, Singapore National Association of Travel Agents and Singapore Hotel Association revealed their determination to help the recovery of Japan and work for the mutual benefits of all parties involved.

The President of JATA Mr. Shibata said that outbound Japanese travel which decreased drastically after the Great East Japan Earthquake is on the way to recovery and we expect the travel exchange between Japan and Singapore to grow further based on the MOU.


上:左から柴田理事長、長谷川事務局長、米谷事務局次長
シンガポールの観光関係者と懇談

このページの先頭へ戻る