現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月7日(木)、ジンバブエの首都、ハラレ市のムチャデイ・アシュトン・マスンダ市長がJATA本部を訪問

2011年8月8日

7月7日(木)、ジンバブエ、ハラレ市長ムチャデイ・アシュトン・マスンダ氏がJATA本部を訪問し、ジンバブエの観光資源や観光施設について「国立公園や自然保護区でアフリカの“動物big 5”と呼ばれるサイ、象、ライオン、ヒョウ、水牛を観察でき、有名なゴルフコースも整備されているので、サファリとゴルフを組み合わせた新しいツアープログラムを用意できます」などと説明されました。

中村理事長らは、「ジンバブエは日本人旅行者の数は少ないが、魅力あるデスティネーションと思うので旅行会社へ最新情報を提供するとともにJATA旅博において、ジンバブエの魅力を宣伝して、観光促進につなげてください」と述べました。

Mr. Muchadeyi Ashton Masunda, the Mayor of Harare, the capital of Zimbabwe visited the Main Office of JATA on July 7th, Thursday

During his visit, Mr. Muchadeyi Ashton Masunda talked about the tourist resources and infrastructure of Zimbabwe and explained that visitors can see Africa’s big 5 (rhino, elephant, lion, leopard, and buffalo) in the country’s national parks and wildlife sanctuaries. In addition to the abundant nature resources, Zimbabwe offers famous golf courses and it is possible to design tour products combining safari and golf activities.

Mr. Nakamura said that though the number of Japanese tourists to Zimbabwe is small, the country is considered an attractive destination. “While offering detailed tourist information to travel companies, you should promote Zimbabwe at the JATA Travel Showcase and work further to increase the number of Japanese visitors.”


写真左:左から中村理事長、長谷川事務局長、大澤海外旅行業務部副部長 写真右:左がジンバブエ、ハラレ市長ムチャデイ・アシュトン・マスンダ氏

このページの先頭へ戻る