現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月13日(水)、中国南方航空日本支社長呉国翔氏がJATA本部を訪問

2011年8月8日

7月13日(水)、中国南方航空日本支社長呉国翔氏がJATA本部を訪問し、日本―中国線への取り組みについて話しました。「日本市場では認知度を高めていますが、東日本大震災の影響で乗客が大きく減少しています。中国人の日本への観光促進に取り組んでいますが、日本人観光客に対する呼びかけにはJATAの協力をいただきたい」と述べました。

中村理事長らは、「訪中日本人マーケットは回復したが、訪日中国人のマーケットが落ち込んでいます。協力して日本―中国間のツーウェイツーリズムを拡大していきたい」と応えました。

Mr. Wu Guo Xiang, Director for Japan and General Manager of the Tokyo Branch of China Southern Airlines Company Limited, visited the Main Office of JATA on July 13th, Wednesday.

At the meeting with Mr. Nakamura, Senior Executive Director of the Board, Mr. Wu talked about his company’s policy on the Japan-China routes. “Though the recognition of China Southern Airlines is growing in the Japanese market, the number of customers has drastically declined after the Great East Japan Earthquake. While we are promoting Japan in the Japanese market, we need the cooperation of JATA in promoting China as a destination here in Japan.“

“The number of travelers to China has recovered. However, the inbound travel from China is slow. We would like to cooperate and expand two-way tourism between the two countries” said Mr. Nakamura in reply.


写真左:左から長谷川事務局長、中村理事長、米谷事務局次長、重田海外旅行業務部長 写真右:右が中国南方航空日本支社長呉国翔氏

このページの先頭へ戻る