現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月5日(月)、オーストラリア資源・エネルギー・観光大臣マーティン・ファーガソン氏がJATA本部を訪問

2011年10月3日

9月5日(月)、オーストラリア資源・エネルギー・観光大臣マーティン・ファーガソン氏が金井会長を訪問して、日本マーケットの重要性を強調し、オーストラリア政府観光局TAの日本市場に対する考えを説明しました。「マーケット拡大にはオーストラリア−日本間の直行便の増加が必要だと認識しているので、今後航空会社にアプローチし、直行便の拡大に取り組みます。また、日本へのオーストラリア人の観光客数が増加の傾向にあり、その誘致に更に取り組んでいただければ相互の観光拡大が期待できる」と述べました。

金井会長は、「東日本震災の後、海外国内旅行が回復してきています。今後もJATAとTAは相互に需要喚起に取り組んでいきたいと思います。日本は、安全な観光地ですから正確な情報の提供によって、日本への観光が復興すると考えています。そして、修学旅行やハネムーン旅行などの開発にサポートいただければ幸いです」と応えました。

Mr. Martin Ferguson, Minister of Recourses, Energy and Tourism of Australia visited JATA on September 5th, Monday.

During his meeting with Mr. Kanai Minister Ferguson emphasized the importance of the Japanese market and talked about the governmental policy concerning the expansion of travel from Japan to Australia. “The increase of direct flights between Australia and Japan is a must for the expansion of travel between the two countries. TA is going to work towards increasing the flight connections with Japan. We would also like to have your support for promoting Japan in Australia. Outbound Australian tourism has been on the increase even after the financial crisis and proper promotion of Japan in Australia will result in a larger market demand on both sides.”

Mr. Kanai said that Japanese outbound and domestic travel have been on the recovery track. “With the coordinated actions between JATA and Tourism Australia, we hope to expand travel exchange between the two countries. Accurate information concerning the situation in Japan at the moment should help inbound travel to Japan to recover. In addition, we at JATA hope to have TA’s support for the further development of school and honeymoon trips to Australia.”


写真左:左から長谷川事務局長、金井会長、中村理事長、澤邊VWC2000万人推進室長、重田海外旅行業務部長
写真右:右がオーストラリア資源・エネルギー・観光大臣マーティン・ファーガソン氏

このページの先頭へ戻る