現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月7日(水)、カナダ・アルバータ州観光公社、最高経営責任者ブルース・タダシ・オカベ氏がJATA本部を訪問

2011年10月3日

9月7日(水)、カナダ・アルバータ州観光公社、最高経営責任者ブルース・タダシ・オカベ氏がJATA本部を訪問しました。「カナダ航空が2012年の夏にカルガリー・東京間の便数を増やす予定ですが、アルバータ州観光公社が日本マーケットを重視し、双方の観光客数拡大のため、需要喚起に取り組んでいます。日本マーケットを重視しており、今後、一般観光客のほか、MICEマーケットの誘致に力を入れます」

JATAでは、「日本における促進活動については、カナダの代表的なイメージ決定づけるモチーフを選び、そのイメージを元にしたプロモーションを展開いただければ、さらに効果が高まるでしょう」と応じました。

Mr. Bruce Tadashi Okabe, Chief Executive Officer of Travel Alberta visited JATA on September 7th, Wednesday.

At the meeting with the executive officers of JATA, Mr. Okabe mentioned Air Canada’s plans to increase the number of flights from Calgary to Tokyo in the summer of 2012. He also emphasized the importance of the Japanese market and said that in addition to promotion targeting the general customer, CTC and Travel Alberta would concentrate their efforts on attracting MICE customers.

The representatives of JATA recommended that CTC choose an image representative of Canada and conduct their promotional activities on the Japanese market based on that image.


写真右:左から澤邊VWC2000万人推進室長、中村理事長
写真左:中央がカナダ・アルバータ州観光公社、最高経営責任者ブルース・タダシ・オカベ氏

このページの先頭へ戻る