現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月12日(月)、ベトナム・ホイアン市人民委員長(市長)・ホイアン市共産党書記長グエン・ス氏がJATA本部を訪問

2011年10月24日

9月12日(月)、ベトナム・ホイアン市人民委員長(市長)・ホイアン市共産党書記長グエン・ス氏がJATA本部を訪問し、「世界遺産における日本祭り2012」に関して説明がありました。日本とベトナムは長い歴史の交流があり、ホイアンに残っている日本の文化を重視しています。ベトナム中部には世界遺産が3ヶ所あり、積極的に観光プロモーションを推進しながらこれから今後は空港や道路のインフラ整備などを重点的に行うと発言しました。

中村理事長は、「震災後でも、ベトナム航空が航空座席供給を維持したため、ベトナムへの観光客数が増加しました。日本人にとってベトナムが魅力の多い観光地であり、文化交流の促進とともに観光促進を行っていただければ日本人観光客数の増加が期待できます」と応えました。

Mr. Nguen Su, Mayor of the city of Hoi An in Vietnam visited JATA Headquarters on September 12th, Monday

Mr. Su introduced the “2012 Japanese Festival in the Old Town,” a festival held in the Old Town of Hoi An, a UNESCO World Heritage Site. “The relations between Japan and Vietnam have a long history and the people of Hoi An value the cultural influence of Japan remaining in the city. The Central part of Vietnam has three world heritage sites and while conducting tourism promotion, we will concentrate on building the city’s airport and developing road infrastructure,” explained Mr. Su.

“Vietnam Airlines did not reduce the air seat capacity to Japan after the Great East Japan Earthquake and the number of tourists continued to increase. The country is a destination holding many attractions for Japanese travelers. Promotion of the cultural relations between the two countries is likely to result in even more visits to Vietnam” said Mr. Nakamura, Senior Executive Director of the Board.


写真上:左から米谷次長、中村理事長、長谷川事務局長、山本VWC2000万人推進室プロジェクト・マネージャー
写真下:右から2番目がベトナム・ホイアン市人民委員長(市長)・ホイアン市共産党書記長グエン・ス氏

このページの先頭へ戻る