現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月16日(金)、スリランカ政府観光開発庁のゴダヘーワ長官がJATA本部を訪問

2011年10月24日

9月16日(金)、スリランカ政府観光開発庁のゴダヘーワ長官がJATA本部を訪問し、スリランカへの観光客数は2010年に46%、2011年に25%増加していると示し、以下の観光開発政策を説明されました。今後、スリランカに関する観光情報を提供し、世界遺産やリゾートに加えて、アドベンチャーや野生生物、ヨーガ、アーユルベダ、ジュエリー、紅茶などを観光素材として促進する予定です。これに加えて、観光に携わる人材の育成や観光インフラの改善、拡大などを図っていくと発言しました。

金井会長は、「まずは、日本市場において、観光情報の提供でスリランカの認知度を深めていくのがよいと思っております。観光地としての開発について、いくつかのチャレンジがありますが、一つずつ対処していただきたい」と応じました。

Dr. Godaheiwa, Chairman Sri Lanka Tourism visited JATA on September 16th, Friday

Mr. Godaheiwa met with President Kanai and directors of the board in the Main office of JATA. In the light of the fact that travel to Sri Lanka grew by 46% in 2010 and the growth rate in 2011 is 26%, Mr. Godaheiwa talked about Sri Lanka’s tourism development strategy and the intention to provide detailed travel information to the Japanese market. In addition to world heritage sites and resorts, the country will promote adventure, wildlife, Ayurveda, jewelry, tea and other tourist attractions.

“Increasing the awareness of Sri Lanka by supplying travel information is a positive move forward. As for tourism development, there are some challenges which should be dealt with and I hope that they will be addressed and duly sorted out” said Mr. Kanai, President of JATA.


写真左:左から長谷川事務局長、金井会長、中村理事長、米谷次長、
写真右:右がスリランカ政府観光開発庁ゴダヘーワ長官

このページの先頭へ戻る