現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月28日(水)、マレーシア政府観光局のアズラン総局長代理がJATA本部を訪問

2011年10月24日

9月28日(水)、マレーシア政府観光局のアズラン総局長代理がJATA本部を訪問し、日本市場の重要性について「今後、日本語ガイド育成、ホテル建設、インフラ整備を目指し、マレーシアへの観光客を増やすための『マレーシア100万人プロジェクト』を進め、日本市場に対して、新規商品を紹介、促進していきます。また、日本―マレーシア間の航空座席供給の拡大に取り組んでいきます」と話しました。

JATAでは、「マレーシアは魅力的な観光地であり、その特徴を生かした新規商品の開発のため、双方で協力していきたいと思います。『マレーシア100万人プロジェクト』にJATAは協力します」と応えました。

Mr. Dato' Hj Azizan Noordin, Acting Director General of Tourism Malaysia visited the main office of JATA on September 28th, Wednesday.

At a meeting with JATA executive officers, Mr. Dato' Hj Azizan Noordin stressed the importance of the Japanese travel market for Malaysia. “We will train Japanese speaking guides, build hotel facilities and enhance infrastructure. In order to increase the number of visitors to Malaysia, we will engage in a One Million Visitors to Malaysia project, introduce and promote new tour products at the Japanese market and work towards increasing the air seat supply between Japan and Malaysia.”

“Malaysia is considered an attractive travel destination in Japan. We would like to work in cooperation and develop new products which utilize the unique features of your country. We will also assist you with the One Million Visitors to Malaysia project,” said the representatives of JATA.


写真右:左から2人目がマレーシア政府観光局アズラン総局長代理
写真左:左から澤邊VWC2000万人推進室長、長谷川事務局長、中村理事長、米谷次長

このページの先頭へ戻る