現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2011年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月11日(火)、ハワイ州知事ニール・アバクロンビー氏がJATA本部を訪問

2011年10月31日

10月11日(火)、ハワイ州知事ニール・アバクロンビー氏がJATA本部を訪問し、ハワイの更なる観光開発に力を尽くしていくと強調しました。「ホノルル空港の修繕費用予算を確保したのでまもなく工事に着手します。高い顧客満足度を達成するため、日本のパートナーからいただいた意見を重視し、適切なコミュニケーションをとりながら、サービス面も改善していきます」

金井会長は、「先日開催した日本-ハワイ観光促進協議会で今後の新しいチャレンジが決定したので、その解決に向けてJATAは協力していきます」と応えました。


写真右:向かって左から3人目がハワイ州知事ニール・アバクロンビー氏
写真左:金井会長(左から3人目)らと会談

Mr. Neil Abercronbie, Governor of Hawaii visited JATA on October 11th, Tuesday

During the meeting with the executive officers of JATA, Governor Neil Abercronbie said that he, as a governor, will do his best to further the growth of travel to Hawaii. “We have secured budget for the improvement of Honolulu airport and the works will begin soon. In order to achieve customer satisfaction, we will listen carefully to your opinions and advice and while communicating with you we will work on improving our tourist services.”

In reply, Mr. Kanai said that new challenges had been identified at the 5th Japan-Hawaii Tourism Council and JATA will cooperate with HTA to overcome them.


会談後の記念撮影

このページの先頭へ戻る