現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月17日(火)、モルディブ外務大臣アハメッド・ナシーム閣下がJATA本部を訪問

2012年1月26日

1月17日(火)、モルディブ外務大臣アハメッド・ナシーム閣下がJATA本部を訪問し、観光開発におけるモルディブ政府の取り組みについて話しました。「モルディブはハネムーン・デスティネーションとして知られていますが、観光客層の多様化を目指して、3−4つ星のリゾート・ホテルを建設しており、マーレ空港の新ターミナルも建設中です。日本人観光客を誘致するため、マーレで日本レストランを開店するなど、さまざまな方法を考えています。今後、日本市場における観光促進の強化を図って、駐日モルディブ大使館で観光局を開局する予定です。」

JATAは、「モルディブ観光局の設置は喜ばしいニュースです。モルディブを訪れる日本人の観光客は約7割がハネムーナーですので、ファミリー・マーケットや女性同士の観光客を増やすための商品に取り組んでいただきたい。また、マーレで有名ブランドを誘致し、モルディブのお土産などが購入できる店舗を増やしていただきたい」と応じました。


  • 左から2人目:中村JATA理事長

  • 一番右:モルディブ外務大臣アハメッド・ナシーム閣下


記念撮影

The Minister of Foreign Affairs of the Maldives, Mr. Ahmed Naseem visited the Headquarters of JATA on January 17th, Tuesday

During his visit, the State Minister met with executive officers of JATA and informed them about his government’s initiatives to increase publicity in Japan and attract more Japanese visitors. ‘The Maldives is known as a honeymoon destination here, but we are aiming at diversifying the visitor market. In order to do so we are building new 3- and 4-star resort-hotels and a new terminal of the Male airport is under construction. We are planning to increase the number of duty free shops there and also open a Japanese restaurant in Male. The Maldives’ Association of Travel Industry will open a tourism office within the embassy in Tokyo and conduct promotional activities in Japan.’

‘We are pleased to know your intention to open a tourism office in Japan. About 70 percent of the Japanese visitors to the Maldives at present are honeymooners. We would appreciate it if you found ways to offer products which would attract the family market and female visitors in particular. It would be also better if there were more international brand shops in Male as well as a greater variety of souvenirs representative of the Maldives’ said the executive officers of JATA.

このページの先頭へ戻る