現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月24日(火)、ブータン王国の政府観光局長ケサン・ワンディ氏がJATA役員を訪問

2012年1月30日

1月24日(火)、ブータン観光セミナーの開催に当たって、ブータン政府観光庁長官ケサング・ワンディ氏がJATAを訪問し、日本観光市場を重視することを伝え、また今後の日本市場における観光促進について、提案やアイデアなどを求めました。

中村理事長は、「国王ご夫妻の来日後、ブータンへの日本人の関心が深まりました。本日行う観光セミナーへの参加希望者が70名以上となっております。多くの日本人がブータンを訪れるために、双方で観光促進に協力していきましょう」と述べました。

雷龍の国、また「幸福が夢ではない場所」といわれているブータン王国はありのままの自然の美しさが特徴であり、ブータンは近代化の影響を受けながら、依然として、その大自然や昔からの伝統、独自の文化が生活の一部として残されています。ブータン王国は手付かずの自然が残る最後の場所かも知れないという声が多くあり、限られた人しか足を踏み入れたことがありません。 ブータンの政府観光庁は同日、ブータン観光セミナーを開催し、ブータンの観光資源や宿泊施設、道路インフラ、アクセス方法などを紹介し、参加者にパンフレットや資料を提供しました。


  • 左から2人目:ブータン政府観光庁長官ケサング・ワンディ氏

  • 左から長谷川JATA事務局長、中村JATA理事長、米谷JATA事務局次長


記念撮影

Mr. Kesang Wangdi、Director General of the Tourism Council of Bhutan, visited JATA on January 24th, Tuesday

Mr. Kesang Wangdi met with the executive officers of JATA and shared his government’s views on the importance of the Japanese market. He also asked for ideas and suggestions concerning the tourism promotion of Bhutan in Japan.

The Chief Executive Officer of JATA, Mr. Nakamura said that after the visit of Their Majesties to Japan last November, the interest in Bhutan increased and the travel industry would do its best, while working together with the Bhutanese travel industry, to ensure that more Japanese tourists visit the Kingdom of Bhutan in the future.

Called the Country of the Thunder Dragon and the Country Where Happiness is a Place, the Kingdom of Bhutan and its people boast pristine nature and unique cultural identity. While experiencing the effects of modernization, the nation observes its centuries-old traditions as part of everyday life. Some say that today’s Bhutan is the last place on earth where nature exists in its true colors, but this, however, is a place visited by only a few so far.
The Tourism Council of Bhutan held a tourism promotion seminar at the Headquarters of JATA on January 24th introducing the tourism resources and infrastructure of the country. Brochures and other printed materials were offered to the participants in the seminar.

このページの先頭へ戻る