現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月13日(月)、ニューカレドニア政府観光局のプレジデント、シンシア・リジャール氏がJATA本部を訪問

2012年3月12日

2月13日(月)、ニューカレドニア政府観光局のプレジデント、シンシア・リジャール氏がJATAの中村理事長らとのミーティングにおいて、継続可能な観光開発とニューカレドニア・ツアー・ブランドのグレードアップ化といった同国の政策について話しました。「日本は最優先のマーケットだと考えており、Aircalinが2014年に羽田空港からの直行便就航に向けてリサーチしておりますが、そのほか日本への路線を増やすことも考えています。また、2014年にシェラトンホテルが開業するので日本人の観光客が求める宿泊施設が増えるでしょう」

中村理事長らは、「ニューカレドニアは自然がすばらしいし、魅力あるフランス語圏の国だと思われています。今後、ハネムーナーを対象にしたツアーだけではなく、若い女性やシニアマーケットを引き付けるツアーを提供いただければ日本からの観光客が増えるでしょう」と応じました。


  • 中央:ニューカレドニア政府観光局プレジデント、シンシア・リジャール氏

  • 左から長谷川事務局長、中村JATA理事長、米谷事務局次長


記念撮影

Ms. Ligeard and Mr. Foutrain met with the Executive Officers of JATA and talked about sustainable tourism development and improvement of New Caledonia’s tour-product brand. “Japan is our priority market. Aircalin is considering daily flights from/to Haneda in 2014 and we are thinking about direct flights to other cities of Japan in the future. In addition, with the opening of a Sheraton hotel in 2014, we can provide more accommodation facilities suitable for Japanese travelers.”

“While New Caledonia’s beautiful nature is very attractive, the country’s ambience which resemblance that of France is considered to be another strong attraction for Japanese travelers. In addition to packages for honeymooners, the development of packages for working female travelers and senior visitors is expected to result in an increase of tourist flows from Japan” said the executive officers of JATA in reply.

このページの先頭へ戻る