現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月14日(火)、トルコ航空日本支社長ハサン・ムトゥル氏がJATA本部を訪問

2012年3月19日

2月14日(火)、トルコ航空日本支社長ハサン・ムトゥル氏がJATA本部を訪問し、JATAの協力に対して感謝の意を表し、3月29日(木)より便数が拡大されることを発表しました。「成田便は6便から7便、関西便は5便から7便に便増する予定。日本とトルコ間だけでなく、イスタンブールをハブにして、欧州各都市、そして、中近東、北アフリカに足をのばすことができます。」

JATA金井会長は、「トルコは多くの観光地へのゲートです。今後の増便は観光にプラスの影響を及ぼすでしょう。去年、トルコ共和国大使館・文化広報参事官室(政府観光局)が”JATAツーリズム 大賞2011”で観光局部門賞を受賞しましたが今年更なる活躍を期待しますのでよろしくお願いします」と述べました。


  • 左から澤邊VWC2000万人推進室長、長谷川事務局長、金井会長、中村理事長、米谷事務局次長

  • 左がトルコ航空日本支社長ハサン・ムトゥル氏、右は金井 耿会長


記念撮影

Mr. Hasan Mutlu, General Manager, Tokyo, Turkish Airlines, visited JATA on February 14th, Tuesday.

During his visit to JATA, the new General Manager of Turkish Airlines, Tokyo, expressed his appreciation for the cooperation of JATA and announced that Turkish Airlines will increase the number of flights between Japan and Turkey from March 29th, Thursday. The flights from Narita and Osaka will increase respectively from 6 to 7 and 5 to 7 per week. Turkish Airlines, whose hub is Istanbul, provides connections not only to the Turkish capital but also to many other cities in Europe, North Africa and the Middle East.

“Turkey is a gateway to many other destinations. Last year, the Turkish National Tourism Office at the Embassy of Turkey in Tokyo won the JATA Tourism Award 2011. We are very much looking forward to your enhanced activities and even greater success this year” said Mr. Kanai, President of JATA in reply.

このページの先頭へ戻る