現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月13日(火)、エジプト大使館・エジプト学・観光局の観光参事官イブラヒム・カリール氏が退任挨拶のためJATA本部を訪問

2012年4月2日

3月13日(火)、エジプト大使館・エジプト学・観光局の観光参事官イブラヒム・カリール氏が退任挨拶のためJATA金井会長らを訪問し、後任者のサイード・アブデル・ガワード氏を紹介しました。
カリール観光参事官は「“アラブの春”から1年以上が経ち、政情が落ち着いてきました。エジプト政府観光局はこの1年で日本の旅行会社を対象に、いくつかのFAMツアーを行い、旅行会社よりエジプトツアーが改めて提供されました。また、日本において2012年に「ツタン・カーメン展」が開催されるので、イメージの回復に繋がると思います」

金井JATA会長らは、「エジプトが安全だということを日本人に伝えていただきたい。エジプトに行きたいと思う観光客が多いようですが、不安定な治安情勢のイメージを一新する必要があります。他の促進活動に加えて、JATA旅博への出展をしていただき、訪問者にエジプトが安全だというイメージをアピールしていただければ幸いです」と応じました。


  • 左から金井JATA会長、イブラヒム・カリール氏

  • 右が後任の観光参事官サイード・アブデル・ガワード氏


記念撮影

Mr. Ahmed Khalil, Tourism Counselor at the Embassy of Egypt, Egyptology & Tourism Promotion Office, visited JATA on March 13th, Tuesday.

During his visit, Mr. Khalil announced his relocation back to Egypt and introduced his successor, Mr. Sayed Abd El Gawad. “One year after the Arab Spring, the political situation is better; the Egypt Tourism Authority organized several FAM tours for Japanese travel agents and as a result several companies have already planned tours to Egypt. As Egypt Air is resuming the direct flight services between Narita and Cairo in mid-April, we expect that tourism from Japan will recover up to 60% during the winter season. Our office in Tokyo is organizing exhibitions of Egyptian artifacts in Japan in cooperation with the British Museum and the Louvre and we believe that these activities will contribute to restoring the numbers of Japanese travelers to Egypt.”

Mr. Kanai, President of JATA said that Egypt needs to send a strong message of safety to the Japanese public. “Egypt holds a great attraction for Japanese people. It is a destination which everybody wants to visit but the image of last year’s tumult still persists. We would appreciate it if along with your other promotional activities you concentrate on your participation in the JATA TABI HAKU 2012 and make a strong statement about the safety of Egypt as a travel destination.”

このページの先頭へ戻る