現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月13日(金)、PATA本部のマーティン・クレイグ氏がJATA本部を訪問

2012年4月23日

4月13日(金)、第12回WTTCグローバルサミット開催に合わせて訪日されたPATA(太平洋アジア観光協会)のマーティン・クレイグCEO(Mr. Martin Craigs)氏がPATA日本支部足立会長、関係者とともにJATA本部を訪問。
冒頭、マーティンCEOは、昨年発生した東日本大震災に対するお見舞いとともに、復興のために協力していきたいと述べられました。これに対し、中村JATA理事長から東日本大震災に際するPATAからの支援活動に対し謝意を表すとともに、会員総意としていち早く復興支援宣言を発信したこと応えました。
また、マーティンCEOは、旅行産業は消費や雇用効果などの経済波及効果が他産業に比べ高いことを強調し、業界はもっと国をはじめとして業界外へアピールしていくべきだと述べられました。中村JATA理事長も、旅行業界の社会的地位向上に向けてPATAとJATAが連携・協力して、活動していくことをあらためて確認されました。


前列左がマーティン・クレイグCEO、前列右が中村JATA理事長

PATA Chief Executive Officer Mr. Martin Craigs, visited JATA on April 13th, Friday

Mr. Craigs, CEO of PATA (Pacific Asia Travel Association) visited the Main Office of JATA. during his visit to Japan on the occasion of the WTTC Global Summit 2012, held from April 16th to April 19th in Sendai and Tokyo. Mr. Craigs was accompanied by Mr. Shigeo Adachi, Chairman of PATA Japan Chapter.

He extended his sympathy to those who suffered in the aftermath of the Great East Japan Earthquake and Tsunami and express his intention as CEO of PATA to help the recovery process. Mr. Nakamura, Senior Executive Director of the Board of JATA expressed gratitude for the support Japan received following the disaster and talked about the declaration concerning the quick recovery which JATA released on behalf of its members in the month after the disaster.

Mr. Craigs emphasized that the travel industry creates a positive economic effect on local areas by providing jobs and income for the residents and thus the industry should gain the support of state governments and the society as a whole. Mr. Nakamura replied that JATA will work and cooperate with PATA in order to elevate the recognition of the social importance of the travel industry in today’s world.

このページの先頭へ戻る