現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月15日(火)、雲南省旅游局副局長Wen Shu Qiong氏がJATA本部を訪問

2012年5月21日

5月15日(火)、雲南省旅游局副局長のWen Shu Qiong氏が雲南省観光説明会のために来日し、JATA本部を訪問されました。東日本大震災からの復旧が著しいとコメントし、「来日する度、日本のサービスや観光開発に刺激を受けて、当省の観光産業発展に更なる力を入れる気が高まります」また、「雲南省は観光資源が多様であり、今後一人でも多くの日本人観光客が雲南省を訪れていただくことを望み、インフラやサービスを整備していきたい」と言われました。

金井JATA会長はそれに対し、「雲南省は見どころが多いと伺っています。ただ、その魅力は日本人によく知られているとはいえませんので、今後更に日本人の受け入れ体制を発展させるのに加えて、日本の旅行会社に、詳しい最近の情報を提供していただければツアー企画がしやすくなるので、日本人の観光客増加に繋がるのではないか」と応えました。


  • 中央が雲南省旅游局副局長Wen Shu Qiong氏

  • 前列左から中村理事長、金井JATA会長、長谷川事務局長


記念撮影

Ms. Wen Shu Qiong, Deputy Director of the Yunnan Provincial Tourism Administration (China) visited the Main Office of JATA on May 15th, Tuesday

Ms. Wen Shu Qiong, Deputy Director of the Yunnan Provincial Tourism Administration (China), visited Japan for a travel seminar on Yunnan province and met with the directors of JATA on May 15th, Tuesday. She commented on the extraordinary recovery of Japan from the Great East Japan Earthquake and Tsunami and said that every time she visits Japan, she is inspired to work harder for the tourism development of her province. She also said that the government of the rich in tourism resources Yunnan Province has set out to develop tourism infrastructure and hopes to receive more visitors from Japan in the near future.

Mr. Kanai, President of JATA, said that it seems the numerous attractions of the province are not so well known to the Japanese travelers. He advised that the authorities and travel industry of Yunnan provide detailed information about the new attractions and routes within the province and actively promote any new possibilities for travel in Japan.

このページの先頭へ戻る