現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月22日(火)、米国のオーランド市、グレーターオーランド航空局常務のPhillip N. Brown氏らがJATA本部を訪問

2012年6月4日

5月22日(火)、オーランド市、グレーターオーランド航空局常務のPhillip N. Brown氏と同社のマーケティング部長のVictoria Jaramillo氏がJATA本部を訪問し、オーランド市の観光施設やリゾートに関して話しをされ、「オーランドへの日本人観光客数は年に約4万1000人であり、今後日本のMICE市場やファミリー旅行の拡大を目指しています。そのために、成田発着の直行便の就航に働きかけています」

それに対し、JATA中村理事長は、「オーランド市はウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート、ユニバーサル・オーランド・リゾート、シーワールドなどに加えて、MICE施設が多く、日本人にとって、人気のある観光地ではありますが、直行便が運行しないことは観光拡大の大きな壁になると思います。また、日本からの日本人観光客を増やすには、一般観光客を対象にしたPRに加えて、設備やアトラクションに関する情報を旅行会社に継続的に提供する必要があるでしょう」と応えました。


  • グレーターオーランド航空局のPhillip N. Brown氏(中央)と同じくVictoria Jaramillo氏(右)

  • 中村JATA理事長(右)と長谷川事務局長(左)


記念撮影

Mr. Phillip N. Brown, Executive Director, Greater Orlando Aviation Authority, paid a visit to the Main Office of JATA on May 22nd, Tuesday

During his visit to JATA, Mr. Phillip N. Brown, Executive Director and Ms. Victoria Jaramillo, Director of Marketing for Greater Orlando Aviation Authority, talked about the abundance of resorts and tourism facilities in Orlando. “About 41,000 Japanese visitors come to our city by air. We intend to increase this number by tapping into the MICE and family markets so we have been holding talks for launching direct flight services from Narita.”

In reply, Mr. Nakamura, Senior Executive Director of the Board of JATA said that in addition to the Walt Disney World Resort, the Universal Orlando Resort, the Sea World, and other resorts, Orlando boasts a number of MICE facilities and “although the destination is popular with Japanese tourists, the lack of direct flights is a big barrier to the increase of Japanese visitors.” He advised that in order to achieve a larger number of Japanese visitors, it is necessary to provide detailed information about the attractions and facilities to the travel agencies in Japan.

このページの先頭へ戻る