現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月13日(水)、メキシコ・カンクン観光局プロモーションディレクター、ホルヘ・ルイス・テジェス氏がJATA本部を訪問

2012年6月25日

6月13日(水)、メキシコ・カンクン観光局プロモーションディレクター ホルヘ・ルイス・テジェス氏がJATA本部を訪問し、ユカタン半島に位置するマヤ文明などの遺跡を含めた新規ツアーについて話されました。
「ユカタン半島はカンクンのビーチリゾートが有名ですが、北部や中心部には沢山の観光資源があり、今後文化観光やバードウオッチングツアーなどを開発する方針です。リピーターの増加を目指して、新規ツアーを提供していきます」

JATAの中村理事長らは、「旅行会社との協力関係を強化された結果が現れています。それに加えて、9月に開催されるJATA旅博にて、一般観光客を対象にしたアピールをしていただければ幸いです。そして、カンクンは日本から距離が遠いので、航空サービスが重要だと思われます」と応じました。


  • 左がホルヘ・ルイス・テジェス氏

  • 右から中村JATA理事長、長谷川JATA事務局長


記念撮影

Mr. Jorge Luis Telles, Promotion Director of Cancun Tourism Board visited JATA on June 13th, Wednesday

Mr. Jorge Luis Telles met with the executive officers of JATA and talked about the tourism resources on the Yucatan peninsula. While the peninsula is famous for its beautiful beaches and the Caribbean resort Cancun, it boasts many other historical and natural attractions. “Using this potential we will offer new tour-products such as cultural and bird-watching tours and by doing so increase the number of repeat-visitors as well.”

“The growth in the numbers of Japanese tourists to Mexico during the past several years is a clear result of your cooperating with travel agencies. In addition to this cooperation, a wide appeal to the general public at the JATA Travel Showcase will have further positive results. Also, improving air and in-flight services is another important factor for the further increase of travel from Japan to Mexico” replied the executive officers of JATA.

このページの先頭へ戻る