現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月10日(水)、ガルーダインドネシア航空 日本・韓国・中国アメリカ地区総代表リスナンディ・サエプラハマン氏がJATA本部を訪問

2012年10月29日

10月10日(水)、ガルーダインドネシア航空 日本・韓国・中国アメリカ地区総代表リスナンディ・サエプラハマン氏がJATA本部を訪問し、ガルーダ航空が12月から就航するバリへの羽田発着便について話されました。「今後日本・インドネシア間の観光交流を拡大するため、サイクリングツアーをはじめ、さまざまな活動を行っていきたい」という決意を話されました。

「昔インドネシアはハネムーンデスティネーションとして知られていましたが、今後新しいイメージ作りといった戦略を展開するとともに、インドネシアの多様な魅力を日本市場に見せていただきたい」と中村理事長らは応えました。


  • 中村JATA理事長(左から2人目)、長谷川JATA事務局長(左から3人目)

  • リスナンディ・サエプラハマン氏(右)


記念撮影

Mr. Risnandi Saepurachman, Vice President, Japan, Korea, China & USA Region, Garuda Indonesia, visited the Headquarters of JATA on October 10th, Wednesday

While in JATA, Mr. Risnandi Saepurachman talked about the new direct flight services from Haneda to Bali which will begin in December this year. He added that “in order to increase the tourism exchange between Indonesia and Japan, Garuda Indonesia is working to promote cycling and other special interest tours and is ready to conduct a number of other promotional activities.”

“Indonesia has been popular as a honeymoon destination in Japan. We believe that creating a new image should be done while promoting the various attractions of the country at the Japanese market” said Mr. Nakamura in reply.

このページの先頭へ戻る