現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月15日(月)、セーシェル共和国外務省外務次官モーリス・ルストー・ララン氏がJATA本部を訪問

2012年10月29日

10月15日(月)、セーシェル共和国外務省外務次官モーリス・ルストー・ララン氏がJATA本部を訪問し、「今後日本からの観光客を増加させるべく、日本語でのホームページの立ち上げに加え、日本の旅行会社との関係を強化していきます。また、中東の航空会社の空路で日本からの飛行時間が短くなり、今後日本・セーシェル間の交流が増えれば、日本へのセーシェル航空の直行便も就航させたいと思います」と話されました。それに対して、「日本におけるセーシェルのプロモーションに勤めていただくことは嬉しく思います。セーシェルへの観光客を増やすため、是非旅行会社にアプローチし、最新情報の提供とFAMツアーなどを行っていただきたい」と中村理事長らは応えました。


  • 左から中村JATA理事長、長谷川JATA事務局長、重田海外旅行推進部長

  • モーリス・ルストー・ララン氏


記念撮影

Mr. Maurice Loustau-Lalanne, Principal Secretary, Ministry of Foreign Affairs of the Republic of the Seychelles, visited the Main Office of JATA on October 15th, Monday

During the meeting with representatives of JATA, Mr. Maurice Loustau-Lalanne said that in addition to creating a travel home page of the Seychelles in Japanese, he is willing to strengthen the relations with Japanese travel agencies. “With the new flight options offered by Middle East airlines, the flight time between Japan and the Seychelles has shortened. If we manage to increase the travel exchange between Japan and the Seychelles, I will work towards opening direct flights to Japan.”

“It is indeed good news that your government is determined to promote the Seychelles in Japan. In order to increase the tourist flows, you need to approach and work closely with travel agencies in Japan, provide latest travel information, and organize FAM tours” advised the representatives of JATA.

このページの先頭へ戻る