現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月16日(火)、英国政府観光庁(Visit Britain)日本代表アシュリー・ハーヴィー氏が就任挨拶のためJATA会長らを訪問

2012年10月29日

10月16日(火)、英国政府観光庁(Visit Britain)日本代表アシュリー・ハーヴィー氏が就任挨拶のためJATA会長らを訪問し、「英国は日本人にとって旅行したい国の第6位ですが、実際には日本人が最も訪れている10カ国には入っていないことから、日本に対する観光促進策の方向の転換が必要とされています。当局は今後さまざまなイベントを実施しますが、日本の旅行業界と力を合わせ、Beyond Londonなどといったテーマで英国への観光を促進していきたい」とハーヴィー氏。

「日本の旅行業界にとって、英国は重要な観光地でありますが、ここ数年、観光客が大きく減少しています。今後Visit Britainとの関係を強化していきたい。旅行会社を対象としたPRを行っていただければイギリスへの観光客の増加が期待できます」とJATA菊間会長らは応えました。


  • 左から菊間JATAk会長、中村JATA理事長

  • アシュリー・ハーヴィー氏(右)

Mr. Ashley Harvey, Manager Japan of Visit Britain visited JATA Chairman Mr. Kikuma on October 16th, Tuesday

Mr. Ashley Harvey, Visit Britain’s newly appointed Manager for Japan, exchanged opinions with JATA Chairman Mr. Kikuma and expressed his determination to work towards strengthening his office’s relations with Japanese travel agencies in order to increase the number of Japanese visitors to Great Britain. “Britain is the sixth most desired destination in Japan but in terms of number of visitors Japan is not even in the top ten source markets. We need to work to close this gap. Visit Britain is going to conduct promotional events in Japan and promote “Beyond London” tours and destinations.”

Mr. Kikuma said that though Britain is regarded as a major destination by the Japanese travel industry the number of Japanese visitors has been on the decline for the past several years. “The Japanese travel agencies are willing to establish stronger relations with Visit Britain. If you conduct promotional activities which target the industry, we can expect an increase in Japanese travel to Great Britain.”

このページの先頭へ戻る