現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

11月13日(火)、駐日エジプト大使館、エジプト学・観光局、観光参事官サミー・マフムード氏がJATA本部を訪問

2012年11月26日

11月13日(火)、駐日エジプト大使館、エジプト学・観光局、観光参事官サミー・マフムード氏がJATA本部を訪問し、新任挨拶をされました。「エジプトは2011年に、日本観光客が大きく減少しました。政治状況が安定してきており、現在安全な観光地だと思われているため、来年、観光客数が回復すると予測されています。政府観光局として、JATA旅博2013への出展を拡大し、JATAと協力しながら、観光促進を強化する予定です」

中村理事長らは、「日本からの観光客数を復興させるために、エジプトが安全だというイメージを広くアピールし、日本からの直行便の更なる増加に取り組んでいただきたいです。また、現地の博物館などの入場料が上げないように、ご協力をお願いいたします」と述べました。


  • 左から中村理事長、長谷川事務局長、
    重田海外旅行推進部長

  • 向かって右がサミー・マフムード氏


記念撮影

Mr. Samy Mahmoud, Tourism Counsellor Japan, Korea, Australia & New Zealand at the Embassy of Egypt, Egyptology & Tourist Promotion Office, visited the Headquarters of JATA on November 13th, Tuesday

Mr. Samy Mahmoud, visited the Headquarters of JATA upon his appointment as Tourism Counsellor Japan, Korea, Australia & New Zealand at the Embassy of Egypt, Egyptology & Tourist Promotion Office. “The number of Japanese visitors to Egypt sharply declined in 2011. However, as the political situation in the country has already stabilized, we expect the tourist flows to return to the level of the previous years. We intend to expand our presence at JATA Tourism Showcase 2013 and while working closely with JATA, conduct various promotional activities in Japan.”

Mr. Nakamura, President of JATA said in reply that in order to facilitate the recovery of visitor numbers to Egypt, it is necessary to promote Egypt as a safe destination. The representatives of JATA also asked that entrance fees for museums and tourist attractions in Egypt remained unchanged in the future.

このページの先頭へ戻る