現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

11月29日(木)、駐日チュニジア大使館の参事官観光担当ヒシェム・ラジュエド氏が就任挨拶のため、JATA本部を訪問

2012年12月17日

11月29日(木)、駐日チュニジア大使館の参事官観光担当ヒシェム・ラジュエド氏が就任挨拶のためにJATAを訪問し、「今後JICAの支援を得て、日本市場においてチュニジアの観光促進を行う予定です。現在、政治情勢が安定しており、日本からの観光客が安心して旅行できるでしょう。2012年には外国人の観光客を500万人受け入れておりますが、特に日本からの観光客を増やして生きたいです」と話されました。

中村理事長らは、「今後、観光客を誘致するためには、まずチュニジアが安全だというイメージの促進が必要です。また、観光客にとって、言葉の壁もあるので、旅行会社と協力していただきたい。チュニジアの観光促進事業に、大使館を始め、日本の旅行会社、そして航空会社が参画していければ、良い結果が期待できるでしょう」と応えました。


  • 左から重田海外旅行推進部長、中村理事長、長谷川事務局長、
    松島海外推進部担当副部長

  • ヒシェム・ラジュエド氏(右)


記念撮影

Mr. Hichem Rajoued, Counsellor to the Embassy of the Republic of Tunisia in Japan, visited JATA on November 29th, Thursday, on the occasion of his entrance into office

At the meeting with Mr. Nakamura, President of JATA, Mr. Rajoued said that JICA would allocate support for the tourism promotion of Tunisia in Japan and as the political situation has stabilized Japanese visitors can now travel safely around the country. “In 2012, we have received 5 million foreign tourists; however, we are determined to increase the number of Japanese visitors in particular” said Mr. Rajoued.

“To attract Japanese visitors to Tunisia, you need to promote the country as a safe destination. Also, in order to overcome the language barrier which the Japanese people feel, you should work closely with travel agencies in Japan. As for the tourism promotion starting next year, a commitment by the Tunisian embassy, travel agencies and airlines to work together will bring good results” replied Mr. Nakamura, President of JATA.

このページの先頭へ戻る