現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月6日(木)、米国商務省の首席次官補代理モーリーン・スミス氏がJATA本部を訪問

2012年12月17日

12月6日(木)、米国商務省の首席次官補代理(製造業、サービス産業担当)モーリーン・スミス氏がJATA本部を訪問しました。「ご協力いただき、感謝申し上げます。2012年5月から開始されたBrand USAプロモーションでは、日本が重点市場に指定されており、 今後も、日本への観光投資を継続して、日米観光交流の促進をより活性化させたい」と話されました。

「今までご尽力いただきまして、ありがとうございます。今後ともさまざまな面で協力していきたいので、ぜひともよろしくお願いします」と中村理事長らは応えました。


  • モーリーン・スミス氏(左)

  • 右から中村理事長、長谷川事務局長


記念撮影

Ms. Maureen Smith, Principal Deputy Assistant Secretary for Manufacturing and Services U.S. Department of Commerce, visited JATA on December 6th, Thursday

Ms. Smith met with Mr. Nakamura, President of JATA and expressed appreciation for JATA’s assistance regarding Brand USA activities in Japan. “Japan was recognized as a major market in the Brand USA promotion campaign. The related authorities will continue to invest in the Japanese market and work towards expanding the travel exchange between the USA and Japan.”

Mr. Nakamura, President of JATA also expressed gratitude for efforts made by the American side and said that “JATA will continue to support the various activities of Brand USA in Japan.”

このページの先頭へ戻る