現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月7日(金)、ハイチ共和国外務省投資担当のグレゴリー・メヴス氏が菊間会長を訪問

2012年12月24日

12月7日(金)、ハイチ共和国外務省投資担当のグレゴリー・メヴス氏が菊間会長を訪問し、ハイチのビーチや世界遺産といった観光素材を紹介されました。
「ハイチ政府は観光を開発する方針を定め、外国から投資の誘致に取り組んでいます」

菊間会長は、「現在、日本人の観光客はクルーズ旅行でハイチを訪れていますが、リゾートとして促進されるのが良いのではないかと思います。まずは、ハイチに対する危険情報をレベルダウンさせるため、働きかけが必要ですが、それに加えて、日本のガイドブックへの掲載、JATA旅博で出展や観光セミナーを実施していただければ、ハイチに関する認識が高まるでしょう」と述べました。


  • グレゴリー・メヴス氏(右)

  • 菊間会長(左)


記念撮影

Mr. Gregory Mevs, Ambassador in Charge of Investment, Ministry of Foreign Affairs of Haiti, visited Mr. Kikuma, Chairman of JATA on December 7th, Friday

During his meeting with Mr. Kikuma, Chairman of JATA, Mr. Mevs, Ambassador in Charge of Investment at the Ministry of Foreign Affairs of Haiti, introduced some beaches and world heritage sites in Haiti. He said that the government of Haiti is determined to develop the country’s tourism industry and is currently working to attract investments from foreign countries.

Mr. Kikuma said that at present Japanese tourists travel to Haiti on cruise tours but developing Haiti country as a resort destination for longer stays might proof to be a successful strategy for increasing the number of visitors. However, it is absolutely necessary to lower the level of travel advisory issued by MOFA. In addition, if the embassy mediates the publication of a guide book and helps with the organization of travel promotion seminars on Haiti, we can expect improved recognition of Haiti as a travel destination in the Japanese market.

このページの先頭へ戻る