現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月10日(月)、トルコ共和国特命全権大使 セルダル・クルチ閣下、トルコ航空 東京支社長 ハサン・ムトゥル氏らが菊間会長を訪問

2012年12月24日

12月10日(月)、トルコ共和国特命全権大使 セルダル・クルチ閣下、トルコ共和国大使館 文化広報参事官アイシェギュル・アトマジャ氏とトルコ航空 東京支社長 ハサン・ムトゥル氏が菊間会長を訪問し、観光市場の拡大について話されました。
「2014年は国交樹立90周年、またトルコ航空の日本トルコ間直行便の就航25周年で、トルコへの日本人観光客35万人達成という目標を定めました。その目標に向けて、さまざまな準備に取り組んでおりますが、まずは日本とトルコ間の座席供給を拡大させたいと思います。引き続き、ご協力いただければと思いますのでどうぞよろしくお願いします」

菊間会長は、「トルコへのアクセスが拡大されれば、35万人の目標は現実的だと思いますが、これからその目標を達成するための具体的な計画を立てることが必要でしょう」と応じました。


  • セルダル・クルチ閣下(右)とハサン・ムトゥル氏(左)

  • 左から菊間会長、中村理事長


記念撮影

H.E. Mr. Serdar Kilic, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of Turkey in Japan and Mr. Hasan Mutlu, Tokyo General Manager, Turkish Airlines, visited JATA Chairman Kikuma on December 10th, Monday

During his meeting with Mr. Kikuma, Chairman of JATA, H.E. Mr. Kilic discussed the possibilities for market growth in Japan. “As 2014 is the 90th anniversary of the establishment of diplomatic relations between Turkey and Japan and the 25th anniversary of the direct flight operations to Japan of Turkish Airways, we have set a target of 350,000 Japanese visitors to Turkey. We are planning various activities but at present are working on the most important factor ? the increase of air seat capacity. We would be very grateful for JATA’s assistance with our promotional events.”

Mr. Kimuma replied that a larger air seat supply will help to achieve the 350,000 Japanese visitors goal but it is necessary to set up a step-by-step action plan.

このページの先頭へ戻る