現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2012年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月18日(火)、駐日キューバ特命全権大使マルコス・ロドリゲス閣下が就任挨拶のためJATA菊間会長を訪問

2012年12月24日

12月18日(火)、駐日キューバ特命全権大使マルコス・ロドリゲス閣下がJATA菊間会長を訪問し、キューバ政府の観光開発策について話されました。
「現在キューバ政府は国際観光の開発に取り組んでおり、インバウンド・ツーリズムのために宿泊施設や様々なインフラを整備しています。今後特に日本からの観光客を増やしていきたいのでご協力をお願いしたいと思います」
また、2013年5月7日〜10日に行われるキューバ国際観光見本市(FIT Cuba)への参加、そしてJATA視察団の派遣を要請されました。

菊間会長らは、「キューバへの日本人観光客を増やすために、日本で提供されているツアーを増加させたい。旅行会社を対象にしたセミナーや、一般消費者のために、メディアでのプロモーションに取り組んでいだだければ、日本からの観光客の増加が期待できます」と応じました。


  • マルコス・ロドリゲス閣下(左)

  • 右から菊間会長、中村理事長


記念撮影

H.E. Mr. Marcos Rodriguez, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of Cuba in Japan, visited Mr. Kikuma, Chairman of JATA, on December 18th, Tuesday

At the meeting with Mr. Kikuma, Chairman of JATA, H.E. Mr. Rodriguez, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of Cuba in Japan, talked about his government’s policy to develop international tourism. New accommodation and other tourism facilities have been built and the government is determined to work to attract more visitors from Japan. H.E. Mr. Rodriguez also invited Mr. Kikuma and other directors of JATA to FIT Cuba (La Feria Internacional de Turismo de Cuba) which will be held May 7th ? 10th, 2013.

Mr. Kikuma said that to expand the Japanese tourist flows to Cuba, the number of tours offered in Japan should be increased. Seminars targeting travel agencies and media promotion for the general public are expected to result in a greater number of Japanese visitors to Cuba.

このページの先頭へ戻る