現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月9日(水)、駐日ブルガリア特命全権大使ゲオルギ・ヴァセィレフ閣下がJATA本部を訪問

2013年1月21日

1月9日(水)、駐日ブルガリア特命全権大使ゲオルギ・ヴァセィレヴ閣下がJATA本部を訪問し、中村理事長らと話されました。
「かつて7つの文明が栄えた国であるブルガリアでは現在でも豊富な文化遺跡やスパリゾート、またバラ祭りなどの無形遺産といった観光素材が存在しております。2014年は日本・ブルガリア外交関係再開55周年の年ですから、チャーター便の就航を始め、日本からの観光客増加に繋がる活動を進めていきたい」

中村理事長は、「ブルガリア政府のサポートをいただき嬉しく思っています。日本人は個人旅行というより、団体旅行に参加しますから、旅行会社を対象に、ブルガリアに関する詳しい情報を提供していただきたい。加えて、チーム・ヨーロッパ事業に参加していただければ日本人観光客の増加が期待できるでしょう」と応えました。


  • 左から中村理事長、長谷川事務局長、重田海外旅行推進部長

  • 右がゲオルギ・ヴァセィレヴ駐日ブルガリア大使

H.E. Mr. Georgi VASSILEV, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Republic of Bulgaria in Japan visited the Main Office of JATA on January 9th, Wednesday

During his visit, H.E. Mr. Georgi Vassilev talked with Mr. Nakamura, President of JATA and expressed his willingness to work for the travel promotion of Bulgaria in Japan. “Seven civilizations have flourished in the lands of present day Bulgaria and the country is rich in cultural monuments, intangible cultural heritage, spa resorts, etc. In 2014, we are going to celebrate the 55th anniversary of the re-establishment of diplomatic relations between Bulgaria and Japan. On this occasion, I am determined to work hard and, in addition to promoting carter flights, conduct activities which will result in an increase in the number of Japanese tourists to Bulgaria.”

“We are pleased to know that the Bulgarian government supports the tourism promotion of Bulgaria in Japan. Japanese people tend to travel on group tours rather than individually and for this reason I recommend you to provide detailed information about your country to travel agencies. Also, Bulgaria’s participation in the Team Europe project will lead to an increase in the number of Japanese visitors to Bulgaria” said Mr. Nakamura, President of JATA, in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る