現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月18日(金)、マレーシア政府観光局、東京事務所所長アズラン氏がJATA菊間会長を訪問

2013年1月28日

1月18日(金)、マレーシア政府観光局、東京事務所所長アズラン氏がJATA菊間会長を訪問し、観光促進におけるJATAの協力に対して、お礼状を提示されました。
「マレーシア政府観光局にご協力いただき、感謝しています。今後日本からの観光客を増加させるためには、観光促進を行うとともに、航空座席供給を増やす必要があります」と菊間会長。

「日本・マレーシア間の航空座席供給を増加させるべく、直行便だけではなく、アジア経由のオプションを増やせば日本人の観光客の拡大が期待できると思います。マレーシア政府観光局は、シニア層、レディース層、学生層などを対象としたPRを行っていく予定です」とアズラン氏は応えました。


  • 左から長谷川事務局長、菊間会長、中村理事長

  • マレーシア政府観光局、東京事務所所長アズラン氏(右)

Mr. Noor Azlan Abu Bakar, Director of Malaysia Tourism Promotion Board Tokyo, visited Mr. Kikuma, Chairman of JATA on January 18th, Friday

During his visit on January 18th, Mr. Noor Azlan Abu Bakar presented a thank-you letter to Mr. Kikuma, Chairman of JATA, for the cooperation of JATA in 2012. Mr. Kikuma thanked the Malaysian National Tourist Board for the efforts in promoting Malaysia as a travel destination in Japan and noted that in order to keep the incremental number of travelers from Japan, it is necessary to increase the air seat supply.

“We are currently working to increase the air seat supply and have approached even airlines which provide indirect connections between Japan and Malaysia. We are also going to promote Malaysia to the senior, ladies and students market segments and believe that all these activities will lead to an increase in the number of Japanese visitors to Malaysia” said Mr. Noor Azlan Abu Bakar in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る