現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月5日(火)、ボストン市、マサチューセッツ州の観光局やサプライヤーの方々がJATA本部を訪問

2013年2月11日

2月5日(火)、ボストン市、マサチューセッツ州の観光局やサプライヤーの方々が観光セミナーのため来日し、JATA本部を訪問されました。日本からの観光客を誘致するため、JATA中村理事長の意見を求め、「ニューイングランド地方へファムツアーを実施したいので是非JATAの協力をいただきたい。今後シニアマーケットに加えて、若者市場も拡大していきたい」

「日本人にとって、アメリカの認知度は高く、成田―ボストン間の直行便が運行されてから、日本人の観光客が増えています。旅行会社と定期的に接触し、観光セミナーやファムツアーなどを実施していただければ、効果が期待できます。また、JATAとしては、日本・アメリカ交流年に、深堀セミナーを行っていますが、これからもご協力お願いします」と中村理事長。


  • 観光局やサプライヤーの方々(一部)

  • 左から中村理事長、米谷総合企画部長

A delegation representing the travel industry of Boston and Massachusetts visited the Main Office of JATA on February 5th, Tuesday

During their visit to JATA, the representatives of the travel industry in Boston and Massachusetts discussed the possibilities for organizing a FAM tour for Japanese travel agencies’ staff. They asked for the assistance of JATA in recruiting participants in the FAM tour.

“The USA as a travel destination is popular with Japanese tourists. We believe that the flow of Japanese travelers to Boston has increased with the opening of direct flight services last year. If you maintain close contacts with Japanese travel agencies, organize seminars and FAM tours for them, we can expect even better results in the future. JATA has been organizing in-depth travel seminars under the Japan-USA Exchange Year and we hope to have your support from now on” said Mr. Nakamura.

このページの先頭へ戻る