現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月8日(金)、マレーシア航空の季寶頡(リー・ポー・ケイト)北アジア・北米地区代表統括副社長がJATA菊間会長を訪問

2013年2月18日

2月8日(金)、マレーシア航空の季寶頡(リー・ポー・ケイト)北アジア・北米地区代表統括副社長がJATA菊間会長を訪問し、マレーシア航空が日本-マレーシア間のフライトを増加する方針について話されました。
「マレーシアでは観光インフラを整えており、新しい観光スポットが開発されています。今後、成田-クアラルンプール間の定期便を増やしたい。日本からの観光客が増えていますが、より多くのお客様にマレーシアを訪れていただくために、羽田や関西空港からフライトを増やすように交渉しています」

「旅行業界からの成田-コタキナバル路線の復活について要望が多いです。現在の航空座席補給は、日本人観光客の増加のネックになっているので、2カ国をつなげる便数が多くなれば、観光客も増えるでしょう」と菊間会長。


左から3番目に菊間会長、4番目が季寶頡(リー・ポー・ケイト)氏

Mr. Lee Poh Kait, Regional Senior Vice President, North Asia/America, Malaysia Airlines, visited Mr. Jungo Kikuma, Chairman of JATA, on February 8th, Friday

Mr. Lee Poh Kait, Regional Senior Vice President, North Asia/America, Malaysia Airlines, met Mr. Jungo Kikuma, Chairman of JATA, and revealed his company’s policy to increase the flights connecting Malaysia and Japan. “Malaysia has good travel infrastructure and new destinations have been developed. We are planning to increase the number of regular flights between Narita and Kuala Lumpur. The number of Japanese visitors to Malaysia has been on the increase recently but in order to have even more tourists, we are negotiating landing slots at Haneda and Kansai international airports” said Mr. Kait.

“Travel industry professionals hope for resumption of the regular flights between Haneda and Kota Kinabalu. The air seat supply at present is a bottleneck in the expansion of travel from Japan to Malaysia. An increased air seat capacity is expected to result in a greater number of tourists” said Mr. Kikuma in reply.

このページの先頭へ戻る