現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月21日(木)、MIATモンゴル航空日本支社長ソドノムドルジ・プレブスレン氏が就任挨拶のため、JATA中村理事長を訪問

2013年3月18日

2月21日(木)、MIATモンゴル航空日本支社長ソドノムドルジ・プレブスレン氏が就任挨拶のため、JATA中村理事長を訪問し、MIATモンゴル航空の夏季の増便について話されました。「成田-ウランバートル間の飛行機が4月から週3便、7月から週5便に増加し、また関西国際空港発着の飛行機は週に2便で、合計週に9便まで増加します。増便に加えてモンゴル観光セミナーの実施、また地方都市からのチャーター運行を考えています」

「モンゴル観光セミナーの実施に関して、JATAは協力できます。日本-モンゴル間の便数を増やすとともにより幅広く促進キャンペーンを行っていけば日本からの観光客が増えるでしょう」と中村理事長。


  • ソドノムドルジ・プレブスレン氏(左)

  • 右から中村理事長、長谷川事務局長

Mr. Sodnomdorj Purevsuren, General Director of Tokyo Branch Office, MIAT Mongolian Airlines, visited JATA on February 21st, Thursday

During his meeting with Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, Mr. Sodnomdorj Purevsuren, General Director of Tokyo Branch Office, MIAT Mongolian Airlines, talked about the increase in flights between Japan and Mongolia operated by MIAT. “With regards to the flights from Narita, we will have 3 flights per week from April and 5 flights per week from July. There will be two flights per week from Kansai International Airport, which will make the total number of flights between the two countries nine per week in the summer season. We will also conduct travel seminars and are currently considering the possibility of having charter flights from local areas in Japan.”

“JATA can assist you regarding the travel seminars you might hold. At the same time, an even broader promotional campaign in addition to the flight increase will result in more Japanese visitors to Mongolia” said Mr. Nakamura.

このページの先頭へ戻る