現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月27日(水)、駐日コスタリカ特命全権大使アルバロ・アントニオ・セデーニョ・モリナリ閣下がJATA中村理事長を訪問

2013年3月18日

2月27日(水)、駐日コスタリカ特命全権大使アルバロ・アントニオ・セデーニョ・モリナリ閣下がJATA中村理事長を訪問し、日本からコスタリカへの観光活性化に向けて、日本市場の特徴などについて情報収集をし、観光促進を行う方針を伝えました。

「日本において、コスタリカはまだよく知られていません。今後観光地としてのイメージを打ち出して、それを中心に、観光促進活動を行っていけば、認知度が上がり、コスタリカへの関心を高めることガできるでしょう」と中村理事長は応えました。


  • 駐日コスタリカ特命全権大使モリナリ閣下

  • 右から中村理事長、長谷川事務局長

H. E. Mr. Alvaro Antonio Cedeno Molinary, Ambassador of Costa Rica in Japan, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA on February 27th, Wednesday

H. E. Mr. Alvaro Antonio Cedeno Molinari talked with Mr. Nakamura about the determination of his government to revive Japanese travel to Cost Rica. The government is looking for detailed information on the characteristics of Japanese travelers and considering some promotional activities in Japan based on the results of the research.

“Costa Rica is not yet well known in Japan. A campaign which will establish the image of the country as a travel destination will result in higher awareness and interest in the country among both travel industry professionals and general public” said Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る