現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月8日(金)、イラン・イスラム共和国大使レザー・ナザルアーハリ閣下がJATA菊間会長を訪問

2013年3月25日

3月8日(金)、イラン・イスラム共和国大使レザー・ナザルアーハリ閣下がJATA菊間会長を訪問しました。
JATA菊間会長は「イランは日本人が求める観光素材に富み、日本からの観光客はもっとイランを訪問すればよいと思います。添乗員のレポートによれば、日本語ができるガイドが多く、ホスピタリティーもよいおかげで、お客様が満足して帰国するようです。ただ、国内の交通インフラなどは、最近、改修が必要になってきているようなので、その面でご協力いただければ幸いです」

レザー・ナザルアーハリ閣下は「イラン政府が観光産業を発展させるため、投資しています。現在、イランへ直行便がないのが観光拡大のネックになっていますが、日本のメディアでよりイランの文化や魅力をアピールすれば、イランへの観光客が増えるでしょう。イランの観光プロモーションに積極的に取り組んでいきたい」と話されました。


  • 左から長谷川事務局長、菊間会長、米谷総務部長

  • レザー・ナザルアーハリ閣下(左)

H. E. Dr. Reza Nazarahari, Ambassador of the Islamic Republic of Iran in Japan, visited Mr. Jungo Kimuma, Chairman of JATA, on March 8th, Friday

During the visit of H. E. Dr. Reza Nazarahari, Ambassador of the Islamic Republic of Iran in Japan, Mr. Kikuma. Chairman of JATA, said that Iran is a country rich in tourism resources which Japanese travelers appreciate and it would be good if more Japanese travelers visited Iran. “From the reports of our tour conductors, we know that there are any local guides who speak excellent Japanese. However, it has also been reported that the transportation infrastructure in the country needs to be refreshed and we very much hope that Iran will address these issues soon.”

H. E. Dr. Reza Nazarahari replied that the Iranian government has been investing in tourism development. The lack of direct flights between Japan and Iran at present is an obstacle to the expansion of tourism between the two countries but we intend to increase the appearance of Iran in the media which we expect to result in a bigger number of Japanese tourists to the country,” said H.E. the Ambassador.


記念品をいただきました

このページの先頭へ戻る