現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月12日(火)、アゼルバイジャン共和国大使ギュルセル・グドラト・オグル・イスマイルザーデ閣下がJATA中村理事長を訪問

2013年3月25日

3月12日(火)、アゼルバイジャン共和国大使ギュルセル・グドラト・オグル・イスマイルザーデ閣下がJATA中村理事長を訪問し、「アゼルバイジャンは、文化遺産、歴史遺産に加え、食文化やホスピタリティーといった豊富な観光素材があります。その素材と観光インフラなどを日本の旅行会社に紹介したいので、観光セミナーをはじめ、積極的に観光促進に取り組んでいきたい」と話されました。

中村理事長は、「アゼルバイジャンは、新しいデスティネーションですので、まず、旅行会社向けの観光促進を行っていけば、良いと思います。JATA会員会社を対象にしたセミナーはアゼルバイジャンの認知度を高めると思います」と応えました。


  • イスマイルザーデ閣下

  • 右から中村理事長、重田海外旅行推進部長(左)

H. E. Mr. Gursel Qudrat oglu Ismayilzada, Ambassador of the Republic of Azerbaijan in Japan, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on March 12th, Tuesday

During his meeting with Mr. Nakamura, President of JATA, H.E. Mr. Ismayilzada talked about the tourism resources of Azerbaijan. "Abundant historical and cultural monuments are only a part of the tourism resources of Azerbaijan. The country offers rich food culture and warm hospitality, as well and the embassy is willing to work to increase the awareness of Azerbaijan among the Japanese travel industry and general public."

Mr. Nakamura said that JATA can assist the embassy with the organization of the seminar. “As Azerbaijan is a relatively new destination in the Japanese travel market, it would help to work with travel agencies as they are the main market players sending tourists to Azerbaijan. Organizing a seminar for JATA members would help increase awareness of your country as a travel destination among representatives of the industry.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る