現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2013年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月18日(月)、駐日コソボ大使アフメト・シャラ閣下がJATA中村理事長を訪問

2013年4月1日

3月18日(月)、駐日コソボ大使アフメト・シャラ閣下がJATA中村理事長を訪問し、日本におけるコソボの観光促進についてお話しされました。「西バルカン半島の諸国はまだ日本人によく知られていないので、今後コソボ、マケドニア、アルバニア、ボスニア、モンテネグロの5カ国のPRチームを結成し、共同で観光促進をしていきたい」

それに対して、中村理事長らは、「JATA旅博への参加に加えて、旅行会社を対象にしたセミナーや視察旅行を実施していけば、西バルカン半島の諸国に対する知識が高まるでしょう」と応えました。


  • 右から中村理事長、長谷川事務局長

  • アフメト・シャラ駐日コソボ大使

H.E. Mr. Ahmet Shala, Ambassador of Kosovo in Japan, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA on March 18th, Monday

At the meeting with Mr. Nakamura, President of JATA, H. E. Mr. Ahmet Shala talked about his willingness to form a team of five countries situated in the West Balkan Peninsula and promote the region as a travel destination in Japan. “The team of Kosovo, Macedonia, Albania, Bosnia and Montenegro can work to promote the little known in Japan West Balkan Peninsula as a travel destination in the Japanese market.”

In reply, Mr. Nakamura, President of JATA, said that in addition to participating in the JATA “TABIHAKU” Travel Showcase, Kosovo could raise the awareness of the region among the travel industry by organizing travel seminars for them.


記念撮影

このページの先頭へ戻る